【2020年5月】コメダ珈琲より配当金2,072円。配当利回り2.87%予測

こんにちは!
昨日、2020年5月13日にコメダ珈琲店をフランチャイズ運営するコメダホールディングスより期末期配当金として、税引後2,072円をいただきました。

スポンサーリンク

配当金は1株あたり26円/100株保有のため税引後2,072円

今回の2020年2月度期末配当金は、1株あたり26円でした。
私は現在同社の株を100株保持しているため税引後の手取り配当金は2,072円でした。

コメダ珈琲株の保有状況

保有株数:100株
取得単価:2,158.9円
現在株価:1,774円(2020/5/13 15:00)
=============
評価損益:@384.9×100株=ー38,490円 -17.83%

コメダ珈琲株の2020年2月期決算配当金

1株あたりの配当金:26円
税引き前配当金:2,600円(26円×100株)
税金などの控除:−528円
================
税引き後配当金:2,072円

◼︎年間配当利回り
年間配当:@51円
現在単価:1,774円(2020/5/13 15:00)
================
税引き前年間配当利回り:2.87%

大きく評価損がでていますが、株価は4月以降やや戻しており、配当利回りはそこまで高く無いですね。

コメダホールディングスの業績は?

コメダホールディングスの2020年2月期決算の業績は好調でした。

2020年2月期決算資料

◼︎売上高:31,219百万円(前年度比2.9%)
◼︎営業利益:7,878百万円(前年度比4.1%)
◼︎経常利益:7,775百万円(前年度比4.2%)
◼︎当期利益:5,369百万円(前年度比5.0%)
■EPS:117.27円(前年度比)

とやや成長は鈍化したものの前年度比でプラス成長でした。

ただ、2月期の決算のため、3月以降に本格化したコロナの影響がほぼ加味されていません。

コメダ株のコロナの影響は?

コメダ珈琲についてもコロナの影響で営業時間短縮や一時閉店を余儀無くされています。
先日発表された決算と4月の速報値を見ると下記の通りです。

週次の卸売推移

2020年4月 前期比売上高速報

2020年4月の状況をみると前期比でおよそ50%の売上高ということがわかります。

結構きついですね。。5月は緊急事態宣言の解除もありもう少しマシになるでしょうか。
ただかなり不安な数字ですので、新規のエントリーはやめた方がいいでしょう。

コメダ株の株価推移は?

コメダホールディングスの株価は、コロナ影響で4月に底を打って反転しつつあります。
ただし上記の通り4月の数字をみると不安ですし、開店できたとしても前年度のような営業は難しいのではないでしょうか。

コメダ株の株価推移

まとめ

コメダホールディングスは出店を加速させており今後の売上を期待していましたが、コロナにより水を差されました。

今期2021年2月期については、配当・業績予測ともに未定となっております。

株主優待については引き続き実施予定で、コロナの影響で直近有効期限を迎えるポイントは1年間延長してくれています。
私も年間でもらえる2500ポイントをそのまま持てあまりしておりましたが助かりました!

私のKOMECA残高

ただ、個人的にコメダは好きなので今後の成長も期待してホールドしていきたいと思います。

以上です。

20191013 記事内広告



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク