私が株式投資・ブログ運営をはじめたきっかけ

こんにちは。中小企業Webディレクターです。
東京に本社を置く小さなWeb制作会社で新卒からWebディレクターとしての働いています。
今日は私が投資を始めたきっかけ・当ブログを開設したきっかけをまとめてみました。

スポンサーリンク

投資・ブログ運営をはじめたきっかけは3つ

投資・ブログ運営をはじめたきっかけは下記の3つからです。

もちろん最初は楽してお金儲けがしたいという気持ちが強かったのですが、お金があっても必ずしも幸福とはいえないなと感じ、投資は手段に過ぎず、自分の価値を高めるためにブログを書いてます

自分の力で稼げるようになる

就職して与えられた仕事をこなすことによっていただける給与ももちろん自分の力で稼いでいると言えると思います。ただそれって自分個人の力ではなく会社の看板・ブランドで稼いでいるだけではないでしょうか。

サラリーマンを辞めたときだけでなく、自分個人の価値とは何かを考えたとき、何も挙げることができないことはとても悲しいことだなと感じました。

また給与による収入に矛盾を感じてしまったことも投資を始めたきっかけでした。
完全成果主義の会社であれば、そうでないのかもしれませんが、私が務める会社の給与体系は基本的に年功序列で、実力があっても年長者ほど高い役職に就きやすく、給与が高い傾向にあります。
一方で、ほとんど成果を生んでいない月でも、毎月給与が保証されており、いただけることを気持ち悪く感じてきました。

確かに給与がなければ、生活ができなくなってしまいますし、現在の投資を行なっている原資は会社からいただいた給与がもとになっており、矛盾した気持ちがあります。

ただ、会社のブランドに頼らず、自分の力で価値を生み出し収入を得られることに挑戦したいという気持ちから、社会のレールに沿って一般的なサラリーマンとして生きるのではなく、投資家として自分の判断で銘柄を決め投資をし、収入を得ることを目指したいと思ったことがきっかけでした(もちろん、厳密には配当金は企業が稼いでおり株主が稼いでいるわけではないですが。。)。

経済の流れを身をもって体感する

Webディレクターとしての仕事柄、様々な業態の中小企業の担当者や経営者などにお会いしてきました。仕事に慣れてくると単純にWeb制作・運用の進行管理だけを仕事とするWebディレクターに飽きてきて、Web以外も含めて中小企業のマーケティング・ブランディングのお手伝いができないかと考え始めました。

そのためには、世の中の企業がどのような戦略を取っているか、政治・国際情勢・国内のトレンドを理解して次の手を打つ必要があります。

日経新聞や新しい情報はできるだけ手に入れられるようにしていたのですが、なかなか身に入ってこない、どこに関係があるのか理解できないことが多くありました。

ただ、それって本気になってないだけだな、ということに気づきました。世の中の流れを知っていることと知らないことは経営資源の少ない中小企業のまさに生死を分けます。

それを理解できないというのは自分が会社に守られており、知る必要がないから本気で理解しようとしていないということに他ならないと思いました。

だから、強制的に自分も中小企業の経営者と同じく身銭を切って投資を行い、生死を分ける状況に追い詰めることで本気になれる状況を作り出そうと貯金のほぼ全てを投資に回すことを決意し情報を本気で理解することに努めています。

自分のメディア(オウンドメディア)を作る

これは給与に頼って生活することが自分ではなく、会社の価値によって生かされていると感じたことと関連するのですが、自分の書いた文章・考え方で人を集め価値を与えることができれば、本業のWebディレクターとして行う仕事の幅が広がるなと思ったことからブログの開設を行いました。

オウンドメディアを立ち上げて、どのくらい記事を書けば、どのくらいの人を集めることができるのか、ページビュー数はどうやれば増やすことができるのか、コンバージョンはどのようにすれば最適化できるのかなど、本業に活かせる学びが得られると考えました。

現在は投資のみですが、自分の仕事から派生したメディア、趣味から派生したメディアを立ち上げ、トータルで生活できるようになり、そこで得たノウハウを本業のWebディレクターとしての仕事に還元できたらなと思ってます。

最後に

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

他の投資ブログと違い穿った考えで投資・ブログ運営を行ってますが、投資自体は手堅く行っているつもりで、サラリーマン投資家でも実践でき、自分が投資から学んだことを発信して役立てることができるようにしていければなと思ってます。

投資スタンス・方針については、改めて別の記事でまとめてみたいと思います。

以上です。

関連コンテンツ201906



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク