【2021年5月】コメダ珈琲より配当金1,674円。配当利回り2.62%予測

コメダ珈琲

こんにちは!
先日、2021年5月13日にコメダ珈琲店をフランチャイズ運営するコメダホールディングスより期末期配当金として、税引後1,674円の配当金をいただきました。

コメダの2021年2月期期末配当金

▼昨年実績
スポンサーリンク

配当金は1株あたり21円/100株保有のため税引後1,674円

今回の2021年2月度期末配当金は、1株あたり21円でした。
私は現在同社の株を100株保持しているため税引後の手取り配当金は1,674円でした。
※昨年は1株あたり26円/100株保有のため税引後2,072円でした。。

コメダ珈琲株の保有状況

保有株数:100株
取得単価:2,158.9円
現在株価:2,005円(2021/5/14 15:00)
=============
評価損益:@153.9×100株=ー15,390円 -7.13%

昨年のコロナまっ只中よりは株価が回復しましたが、まだまだマイナスです。

コメダ珈琲株の2021年2月期決算配当金

1株あたりの配当金:21円
税引き前配当金:2,100円(21円×100株)
税金などの控除:−426円
================
税引き後配当金:1,674円

コメダ珈琲株の年間配当利回り

年間配当:@39円
現在株価:2,005円(2021/5/14 15:00)
================
税引き前年間配当利回り:2.62%

コメダ珈琲の配当金は、昨年度の51円から大きく減配となりました。。

コメダホールディングスの業績は?

コメダホールディングスの2021年2月期決算の業績は、昨年比で大きく減少しました。
EPSが6掛けと利益が大きく減っているのが分かります。

コメダ珈琲の2021年2月期決算資料

▼昨年度

コメダ株のコロナの影響は?

コメダ珈琲についてもコロナの影響で営業時間短縮や一時閉店を余儀無くされていました。
店舗数ではプラスになっていますが、既存店の売上が大きく落ち、上記の数字の下落につながっていることがわかります。

コメダの店舗数の増減

コメダの売上増減分析

コメダ株の株価推移は?

コメダホールディングスの株価は、コロナ影響で昨年一時1300円まで下落しましたが、
上記の通り2000円台に回復しました。

コメダの直近3年間の株価

まとめ

コメダホールディングスは出店を加速させており今後の売上を期待していましたが、コロナにより水を差されました。
既存店の売上はコロナで大きく減少しましたが、店舗数も増えており・利益もしっかり出ているのでひとまず安心です。
株価を2000円台に戻っており、株主優待・配当金ももらえているのでこのままホールドしていきます。

ちなみにわたしのコメカ残高は1561円です。
年間2500ポイントくらいもらえるので、コメダ好きの方は今買うのも悪くないと思います。

コメカ残高

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました