【2022年1月】定期預金が総額790万円を突破!でも年間利息は税引き後6,299円。。

スポンサーリンク
コラム

こんにちは!先日は東京でも雪が積もりとても寒かったですね。
この規模の東京の積雪は4年ぶりらしいです。
ただ、翌日朝には私の住んでいる地域では溶けていたので、大きな支障はなさそうですね。

と言うわけで前置きが長くなりましたが、
今日は、定期預金が総額790万円に達しており、定期預金について考えてみました。

それでは早速みていきます。

スポンサーリンク

定期預金の残高状況は??

私の2022年1月時点の定期預金残高は、
7,908,387円となっています!

住信SBIネット銀行の私の定期預金残高

積み立てに積み立て、ついにここまできました。
預金補償の上限に達しないように、これ以上は別の銀行口座を検討しています。

預金保険制度により、当座預金や利息の付かない普通預金等(決済用預金)は、全額保護されます。 定期預金や利息の付く普通預金等(一般預金等)は、預金者1人当たり、1金融機関ごとに合算され、元本1,000万円までと破綻日までの利息等が保護されます。
※金融庁Webサイトよりhttps://www.fsa.go.jp/policy/payoff/index.html

各定期預金の利息は??

住信SBIネット銀行の定期預金の金利は、最大0.1%となっています。

住信SBIネット銀行の定期預金金利

ただ、入金した時期によって異なりますので、私の場合の預け入れごとの利息は、下記になります。
※昔は、0.2%はあったのに半減してます。。

私の定期預金残高

定期預金ごとの金利をまとめると下記になります。

①3,400,000円(年利0.130%)
1年後は・・・

元利合計金額(税引き後):3,402,709円
税引き前利息:3,400円
税引き後利息:2,709円

②1,002,795円(年利0.100%)
1年後は・・・

元利合計金額(税引き後):1,003,593円
税引き前利息:1,002円
税引き後利息:798円

③1,504,194円(年利0.100%)
1年後は・・・

元利合計金額(税引き後):1,505,392円
税引き前利息:1,504円
税引き後利息:1,198円

④1,500,000円(年利0.100%)
1年後は・・・

元利合計金額(税引き後):1,501,195円
税引き前利息:1,500円
税引き後利息:1,195円

⑤501,398円(年利0.100%)
1年後は・・・

元利合計金額(税引き後):501,797円
税引き前利息:501円
税引き後利息:399円

結論、
税引き前利息の合計:7,907円
税引き後利息の合計:6,299円

の不労所得になります!

これだけ積み立てて、大したことないのがショックですね。。
月ごとで割ると、およそ月500円の不労所得です。。
世知辛い😭

定期預金の利息だけで生活できる??

ではここからは、仮定の話で、定期預金の利息だけで生活できるのかを考えてみました。

生活費:月15万円×12ヶ月=180万円の場合は??

例えば私の場合は、月に15万円あれば、生活できます。

【東京都港区】2021年の年間の生活費は、¥1,973,300でした(社会人男性一人暮らし)
こんにちは!今日は昨年2021年の振り返りも兼ねて、2021年の年間の東京都港区での一人暮らしの生活費をまとめてみました。 ▼前回はこちら 生活費を振り返ってみることで、 ・無駄な支出を減らす。 ・振り返りができる ...

月15万円×12ヶ月=180万円が必要な場合は、
定期預金で25億円必要になります。
到底無理ですね。

元本:2,500,000,000円
金利:0.1%
税引き前利息:2,500,000円
税引き後利息:1,992,125円

食費:月3万円×12ヶ月=36万円の場合は??

それではハードルを落として、食費を定期預金の金利で賄うことはできるでしょうか?

食費を月3万円×12ヶ月=36万円とすると、
定期預金で4.5億円必要になります。
これも無理そうです。

元本:2,500,000,000円
金利:0.1%
税引き前利息:450,000円
税引き後利息:358,582円

現実ラインは、年間利息7,968円

それでは、現実ライン=定期預金1,000万円で試算すると、
どのようになるでしょうか。

元本:100,000,000円
金利:0.1%
税引き前利息:10,000円
税引き後利息:7,968円

預金補償のある1,000万円でも、税引き後利息はたったの7,968円です。
Amazon Prime会員の年会費を払っておつりがくるぐらいですね。

色々試算してみましたが、定期預金は預金補償があるので余ったお金を置いておくのは良いですが、
全く資産運用という面では力不足ですね。。

こういう意味でもやはり投資が大切になることがわかりますね。

まとめ

定期預金もネット銀行なら利息もそこそこあり、馬鹿にできませんね笑
ただ、やはり定期預金だけで生活するのは、一般市民には無理ということがわかりました。

裏返すと、株式などに早いうちから投資することが、とても大切ということです。

現金だけと言うのもインフレのリスクがあるので、
株式など現物資産への投資とバランスをとっていく必要がありますね!

以上です。

Amazonでお得に買い物する方法
Amazonでお得に買い物をするなら、Amazonギフト券の購入チャージがおすすめです。
現金でチャージするたびに、『チャージ額 x 最大2.5%分のポイント』がもらえます。 Amazonプライム会員は、特にポイント付与率が大きいので、使わないと損です。 Amazonの購入がメインの人は絶対損しない、お得な制度です。是非活用しましょう。 しかも今なら初回限定で1000円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。 \初回チャージで1000ポイントが無料贈呈/ Amazonギフト券をチャージする コンビニ・ATM・ネットバンクが対象,100円単位で購入可能
コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファーストペンギンのブログをフォローする
高配当株式で利回り4%を目指す投資ブログ | ファースト・ペンギンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました