2019年3月の不労所得収入は28,009円でした。

2019年3月の不労所得収入は、

株式の配当金により28,009円

でした。

今月は日本株の中でも特に高配当銘柄として知られるキヤノン、JT 日本たばこ産業の2銘柄から配当金をいただくことができ、不労所得が大きくなりました。

内訳は以下の通りで、その他2銘柄を含めた計4銘柄からの配当金をいただきました。

スポンサーリンク

キヤノンより、6,375円

キヤノンより2018年12月期決算配当金として6,375円をいただきました。
年間利回りは4.97%の予測と高利回りですが、2019年12月期は減収減益の予測であり、配当性向も80%を超えている銘柄のため、追加購入は考えていません。

【2019年3月】キヤノンより2018年12月期決算配当金6,375円いただきました。年間配当利回りは4.97%予測
2019年3月29日に、キヤノン(7751)より2018年12月期決算配当金をいただきました。 中間配当金と同様、1株あたり80円の配当で...

JT 日本たばこ産業より、11,953円

JT日本たばこ産業の株式は200株保有しており、配当金の寄与度はかなり高いです。
国内の紙巻きたばこ市場は減少しておりますが、海外の買収による市場拡大が堅調です。

【2019年3月】JT:日本たばこ産業より期末配当金として11,953円いただきました。年間配当利回りは5.44%予測
2019年3月22日に、JT(日本たばこ産業)2914 より2018年12月期期末配当金として11,953円いただきました。年間配当利回りは...

あおぞら銀行より、3,188円

2019年3月期決算が当初予測を大きく割り込み、株価は3月に大きく下落しました。
今後2019年3月期決算配当きんより減配の予測が出ており、注意が必要です。

【2019年3月】あおぞら銀行より第三四半期配当金として税引後3,188円をいただきました。年間配当利回りは5.91%予測
2019年3月15日にあおぞら銀行より第三四半期配当金として税引後3,188円をいただきました。 年間配当利回りは6%近くになっていま...

エクソンモービルより、59.03米ドル

原油価格の上昇に伴い、株価も上昇しています。今後化石燃料以外の事業の動きに注意していく必要があります。
1ドル=110円換算で6,493円です。

【2019年3月】XOM エクソンモービルより四半期配当金で税引後59.03ドル。年間配当利回りは4.07%予測
米国エネルギー関連会社であるエクソンモービルより2018年10~12月配当金をいただきました。 税引き後の手取り配当金は、59.03米ドル...

まとめ

今年は、月2万円、年間24万円の税引き後配当収入を目論んでいます。
3月単月では、12月決算のキヤノンと日本たばこ産業により目標を超える配当金を頂くことができました。
一方で、下記のブログ記事でも掲載したように、あおぞら銀行の決算がひどく保有株式の評価損が膨らんでいます。
今期減配となる予測も痛いです。

【2019年3月】国内保有銘柄の評価損が-370,574円に。あおぞら銀行が前日比-7.90の暴落。
2019年3月25日、米国市場で起きた長短金利の逆転の影響で、本日日経平均株価は前週末比で大幅下落し、一時700円を超えて下落しました。 ...

ただ、投資方針として株価の値上がり益を求めるのではなく、配当金によるキャッシュフローの最大化を目的としているため大きく評価損が出ていても売却するつもりはありません

むしろ今後も引き続き、高配当銘柄の株価が下落すれば、買い増しを検討します。

証券会社は、SBI証券を使っています。

以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク