2019年4月の不労所得収入は22,904円でした。

平成の時代が終わり、本日より新元号「令和」がスタートしました。何が変わったというわけでもないですが、気持ち的に良い区切りになりブログの更新を頑張っていきたいなと思えます。早速本題です。

2019年4月の不労所得収入は、

株式の配当金により22,904円

でした。

今月は現物株の配当金2銘柄に加えて、ブログに貼っているGoogleアドセンスから広告収入もありました。
内訳は以下の通りです。

スポンサーリンク

HSBCより、83.88米ドル

米国ADR銘柄のHSBCの第4四半期配当金として83.88米ドルいただきました。
1ドル=111円換算で9,310円です。

ADRのHSBCの配当は、第4四半期が通常より配当金が多くなっており、
年間では1株あたり2.25米ドルの配当金がいただけます。
配当利回りは税引き前5.85%で国内の税金はかかりますが米国の税金10%がかからないのは大きいです。
今期の業績はあまり良くないようですが、アジア圏を中心展開しており今後の成長を期待しています。

積水ハウスより、3,188円

積水ハウスの期末配当金として、3,188円をいただきました。
積水ハウスは1月決算となっており、4月の配当金キャッシュフローを埋める銘柄になってくれています。
2019年1月期は前年比減益となりましたが、今期は増収増益を見込んでおり株価も堅調です。
年間配当利回りは税引き前4.52%で、今期の1株あたりの配当金は1円増の81円の予測です。

Googleアドセンスより、10,406円

当ブログを開始して1年程度になりますが記事も100記事を超えて、アクセス数も安定してきました。
ブログ内に貼り付けているGoogleアドセンスの収益も毎月安定して出てきており、
前月は2回目となる振込がありました(全月末の確定した広告支払い金額が8000円を超えるたびに翌月20日あたりで振り込まれます)。

直近は、毎月1万円程度、広告収入をもらえることを目指していきたいと思います。

まとめ

前月は2銘柄のみの配当金だったもののHSBCの第4四半期配当金、Googldアドセンスの広告収入により、前月に引き続き2万円を超えることができました。

ゴールデンウィークの10連休や2019年3月期決算を警戒して、2019年に入って株式の購入を一切行っていませんでしたが、
5月以降は割安となっている高配当銘柄などを拾っていきたいかなと思っています。
証券会社は、SBI証券を使っています。

以上です。

20191013 記事内広告



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ201906



スポンサーリンク