2020年4月の生活費は193,685円【一人暮らし・30代社会人・東京都港区】

コラム
2020年4月の生活費概要

こんにちは!
東京はコロナの影響で引き続き外出自粛です。本業も在宅勤務・テレワークが引き続き実施されます。
今回はライフスタイルが変わってどうだったか、先月2020年4月の東京都港区一人暮らし30代男性の生活費をご紹介していきます!

スポンサーリンク

2020年4月の生活費は193,685円

2020年4月の支出は193,685円でした。
※前々月2020年3月は154,122円。

2020年4月の生活費の割合は以下の通りです。

2020年4月の生活費概要

毎月の支出目標は150,000円目処としていますが、
先月は43,685円のオーバーでした。

かなり上振れしていますが、原因が何だったかを見ていきます🤔

▼前々月(2020年3月)


※合計154,122円

2020年4月の生活費明細(東京都港区一人暮らし)

先月2020年4月の生活費の内訳は以下の通りです。

2020年4月の生活費詳細

▼前々月(2020年3月)

家賃支出は、95,500円(49.31%)

住居費は家賃・共益費を含めた金額で、前月同様95,500円です。

住居費は、職住接近のため、東京都港区に住んでおり割高です。
ただ、私が勤める会社でもやっと4月から在宅勤務が許可されましたため、
あまり意味がなくなってきました。。

東京都港区で、会社の近くに住む「職住接近」を実践してわかった9つのメリット
こんにちは! 今日は私がブログを書く時間を捻出するなどのために実践している会社の近くに住む「職住接近」についてご紹介します。 私は数年前から、もちろん具体的な場所はお伝えしづらいですが、会社がある東京都港区で一人暮らしをはじめました...

食費は38,609円(20.04%)

食費については4万円近くと割高です
前月2020年3月は38,618円(25.06%)とほぼ横ばいでした。

ただ、カフェの利用で924円とはじめて1000円以下になりました!
※先月は3,958円。

また、その他食費12,765円は楽天でお買い物マラソンによるものです。

その他食費の内訳は楽天によるもの

楽天お買い物マラソンによりポイント10倍のため、ここだけでも1,276ポイントが還元されます。

また、購入した食品の半分は残っており、実質的な4月のその他食費の出費は5,000円ほどです。

▼実質的なその他食費
12,765円÷2-1,276ポイント=5,106.5円

こちらで計算し直すと、食費は31150.5円です。
食費の目標は、30,000円以内で、もう一息で未達でした。。

一方で、エンゲル係数は単身世帯の平均25.1%より5%OFFでした。

エンゲル係数・・・支出全体の中の食費の割合

エンゲル係数(%)=食費÷総支出×100

<1人世帯の場合>
単身世帯の平均エンゲル係数は、25.1%です。(消費支出合計:158,911円、食費合計:39,808円)
学生さんや社会人の一人暮らし、シニアの一人暮らしなどが含まれます。

<2人世帯の場合>
2人世帯の平均エンゲル係数は、25.7%です。(消費支出合計251,440円:、食費合計:64,502円)
新婚家庭や、子どもが独立した後の夫婦はこちらに含まれます。

<4人世帯の場合>
4人世帯の平均エンゲル係数は、25.7%です。(消費支出合計314,599円:、食費合計:80,704円)
子育てファミリーが多い世帯です。

(2016年 総務省家計調査調べ)

水道・光熱費は9,644円(4.98%)

水道代は2ヶ月分の支払いです。東京ガスで電気・ガスを購入しているため、ガス・灯油代の5900円が電気代・ガス代を合算したものです。


ガス3000円
電気2000円
水道2000円

で合計7,000円以下が目標ですが、あと一歩ですね。

教養・教育で376円(0.19%)

前月までは980円のKindle unlimited 月額980円読み放題を使っていましたが解約しました。

理由としては、読みたい本がなくなったことです。
実際に読みたい本はKindle unlimited以外のものばかりになってきたので一旦解約しました。

先月は、2020年3月に出版されたFIRE 最強の早期リタイア術を読みました。
楽天ポイントを使ったため376円で購入できました。

読んで感じたことはまた別途ブログにしたいと思います✏️

日用品9,997円(5.16%)

マスクの購入(5,000円ほど)や楽天お買い物マラソンのために前倒しで購入したため、かなり上振れしましたが、仕方ないですね。。

通信費 合計7,204円(3.72%)

合わせて6,000円以下を目標としてますが、少し上振れしました。

上振れの要因は、当サイトのドメイン更新費用がかかってました。

2020年4月の通信費内訳

携帯はFREETELを使ってますが、通話・携帯の4G回線は一切使っておらず1,327円です。
楽天モバイルでもいいなと考えており、乗り換えを検討中です。

WifiはBiglobeを利用していますが、外出してWifiを利用する機会が減ったため光に乗り換えるか検討中です。

「BIGLOBE WiMAX 2+」

税・社会保障 合計32,155円(16.60%)

再度の楽天お買い物マラソンでふるさと納税を行ったため、32,155円(16.60%)が発生しました。こちらは住民税の前払いになるため実質負担は2,000円です。

楽天ポイントも10倍の3,215ポイントが付与され元が取れてます😊
ふるさと納税は、絶対にやらないと損するお得な制度ですね。

今回は、下記を購入しました。

まとめ

以上、2020年4月の生活費のまとめでした。
・実質的な食費:31,150円(-7658.5円)
・ふるさと納税:32,155円(-32,155円)
を加味して計算し直すと-39813.5円となるため、実質的な生活費は-153,871.5円でした。

■良かった点
・カフェ代を1,000円以下にできた。
・楽天お買い物マラソンでお得に買い物できた。

■悪かった点
・生活費が上振れ
・目標の150,000円を超えてしまった

緊急事態宣言も引き続くことになり、相当期間は現在の自粛モードが続きそうです。
株価が軟調なのは心配ですが、まずは今後の投資に備えて節約を頑張っていきたいと思います。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました