【2020年8月】THEOテオ運用実績は401,642円 +11,642 (+2.99%)/運用26ヶ月目

ロボアド
2020年8月時点の推移(円建て)

こんにちは。今週は夏休み明けで本業の仕事が鬼のように溜まっており、怒涛の1週間でした。。
さて、今回も自動積立で放置しているロボアドTHEOの運用状況をまとめました。

スポンサーリンク

2020年8月のロボアドTHEOの運用実績

表題の通り、コロナ禍にもかかわらず、
1万円以上の評価益を出し400,000円を超えることができました。

2年間運用を続けてきて、コロナや株価の暴落で大きく下落することはありましたが、
毎月かかさず1万円の積み立てを自動継続してたきたことの成果を感じます。

早速詳細を見ていきます。

2020年8月THEO運用実績

運用期間:26ヶ月(2018年5月〜)
積立金額:390,000円
現在資産(円建):401,642円+11,642円(+2.99%)
現在資産(ドル建):3,796.24ドル+229.42ドル(+6.43%)
■前月時点の運用実績
運用期間:25ヶ月(2018年5月〜)
積立金額:380,000円
現在資産(円建):385,146円 +5,146円 (+1.35%)
現在資産(ドル建):3,590.10ドル +116.84ドル (+3.36%)

THEO日本円建401,642円 +11,642円(+2.99%)

前月比でさらに1.5%程度プラスに伸長しました😃
※前月は、385,146円 +5,146円 (+1.35%) 。

2020年8月時点の推移(円建て)

THEOドル建て3,796.24ドル +229.42ドル(+6.43%)

ドル建てでは、なんと3%程度も上振れしました😃
※前月は、3,590.10ドル +116.84ドル (+3.36%)

2020年8月時点の推移(ドル建て)

THEOの運用方針

THEOでは株式関連に大きく投資するリスクをとった運用をしています。
株式中心のグロースセクションが68%としています。

・資産運用方針:値上がり益重視・THEOにおまかせで設定しています。
・毎月10,000円の積立を行なっています。

グロース:株式中心に運用 68 %
インカム:債券中心に運用 23 %
インフレヘッジ:実物資産中心に運用 9 %

2020年8月のTHEO保有銘柄

次にTHEOで保有している銘柄をご紹介します。
前月と比較してコロナショックでどれくらいダメージを受けていくか見ていきます。
今月の各ポートフォリオの資産状況は以下の通りです。

グロース:2.76% 272,443円(前月0.13% 260,484円)

グロースは株式を中心とするセクションは安定してプラス圏に入りました。
前月・前々月比では-411% → 0.13% → 2.76%とコロナ禍でも改善しました!

積み立てが効いてきているのが、よくわかりますね!

2020年8月時点のグロースセクション

▼前月

2020年7月時点のグロースセクション

インカム:12.15% 97,523円(前月12.77% 91,667円)

債券を中心とするインカムセクションです。
元本金額は微減となりますが、引き続き12%を超える運用益が出ています。
元本だけでなく、利回りによる安定した収益の柱となっています。

2020年8月時点のインカムセクション

▼前月

2020年7月時点のインカムセクション

インフレヘッジ:-2.79% 31,551円(前月-5.11% 30,801円)

インフレヘッジでは実物資産中心の投資を行うセグメントですが、
こちらだけマイナスが引き続きますね🤔
ただ、前月比では半分程度のマイナス幅となっており、あと少しです。

2020年8月時点のインフレヘッジセクション

▼前月

2020年7月時点のインフレヘッジセクション

※その他現金などが125円でした。

2020年8月のTHEO手数料は、319円

2020年8月の運用報酬は、319円(税込)でした。
月末時点のポートフォリオ金額によるため前月よりも16円高くなってました。
※前月は、303円(税込)。

2020年8月の運用報酬は、319円(税込)

ロボアドバイザーTHEOの運用報酬は運用資産額の1%ですが、
ブルーランクのため0.9%の手数料となりました。

ランクは運用資産額に応じて決まります。

運用資産が50万円を超えれば、0.8%となりますので、さらにお得ですね。


※THEOのWEBサイトより

THEO(テオ) ロボアドバイザー

売買についての手数料は一切不要のため、これ以上コストがかかることはありません。

現在、掲載している評価額は手数料が天引きされたの評価額です。

実際にTHEOの手数料は高いのか下記で検証してみましたので、合わせてご確認ください。

THEO(テオ)の手数料は高いのか?手動の運用と比較してわかったこと。
THEO(テオ)の手数料は高いとよく言われますが、実際どうなのでしょうか。 今回はTHEO(テオ)の手数料が本当に高いのか、シミュレーションしてみました。 THEO(テオ)の手数料の概要 THEO(テオ)の手数料は、預かり資産の1%/...

2020年8月のTHEO実績まとめ

コロナで一時は大幅なマイナスとなり心が折れていましたが、自動で積み立てを続けてきた本当によかったです。😃
値下がりしている時こそ、継続して積み立てることで収益を伸ばすことができることがよくわかりました。

THEOのブログでも解説している株価の「平均回帰性」を信じて、継続した成果を感じます。

「平均回帰性」という特性です。市場価格は変動するが、概ね平均値に戻る傾向があるというものです。つまり、上がればその後下がり、下がればその後上がるという特性です。
引用;第2のリーマンショックが起きた時の対応法

また、コロナショックの影響で大きく株価が下落したタイミングで好調な債権を売却し、安くなった株式を購入する自動リバランスの効果も実感して体感していることができました。

本当にこのような冷静な(機械的な)判断は、感情を持つ人間には難しいと感じました。
第2波が迫り来る中で現物株だけではなく、ロボアドによる機械的な積み立て投資もポートフォリオの1つとしておすすめですね。

THEO(テオ)を21ヶ月間継続してわかったメリット・デメリットまとめ
「THEO(テオ)」はいわゆるロボットアドバイザー(ロボアド)とよばる小額から様々な銘柄に分散投資できるサービスです。 私も毎月1万円積み立てて運用していますが、 まだ投資をしたことがない人におすすめできるサービスのため、 ...

▼THEO公式サイトはこちら▼
https://theo.blue/

今なら新規口座開設+入金額に応じて、現金プレゼントのキャンペーン中です!

THEOウェブサイトより引用

10万円の入金で3000円キャッシュバックです。

▼THEO公式サイトはこちら▼
https://theo.blue/

以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました