【オワコンw】まだテレビ使っている人いるのww 【テレビを見ない生活のメリット4選】

スポンサーリンク
コラム
NHKの集金。。

こんにちは!少し前ですが2020年の統計で、毎日テレビをみる人の割合を年代別にしたものが取り上げられていました。

引用元:https://president.jp/articles/-/47695?page=1

見ての通り、テレビをみているのは老人ばかりww
10代、20代の若年層では50%を切る程度までテレビをみる人が減っています。

今回は、まだテレビをみている人にテレビを見ない生活のメリット4つをご紹介します!

スポンサーリンク

メリット①:NHKの受信料を堂々と払わなくていい

NHKの集金。。

最も大きなメリットは、NHKの集金にビクビクしなくていいことです!
私は大学生から一人暮らしをしてますが、集金でピンポンされるのがとてもめんどくさく嫌でした。
テレビを捨ててしまえば、堂々と持ってない旨をお伝えして、お引き取りいただけます😃

メリット②:無為に時間を使わなくなる

時間泥棒

テレビを持っている時は、ただなんとなく朝起きたらテレビをつけるといった生活をしてました。
芸能人のどうでもいいニュース、最近はコロナのことばっかりで、見ていて不安を煽るニュースばかりです。
こんなニュースばかり見ていると朝から気が滅入ってしまいます。

朝の時間こそゆっくりと自分のために使うには、邪念を排除して日々のルーティンに臨む方が生産的です☀️

メリット③:部屋がスッキリする

スッキリな部屋

テレビを買うと、テレビ台など関連するものを買わないといけませんよね。
一人暮らしだとテレビがあるかないかでは、部屋のレイアウトが大きく変わってきます。
テレビのために部屋を選ぶことをやめたら選択肢が広がりノーストレスになれますよ😄

メリット④:くだらないニュースに流されなくなる

くだらないニュース。。

上記のメリット②に関連しますが、テレビを見てるとくだらないニュース、宣伝ばかりです。
自分の時間は有限です。
その大切な時間をテレビにくれてやるのは無駄すぎますね。
自分がフォーカスすべきことに集中して努力することを心がけましょう。

逆に困ったことはある?

逆にテレビをみない生活をして困ったことはあるでしょうか?
私は、この生活を始める前は、大事なニュースなどが知れなくなる点だけ心配してましたが、
重要なニュースはYahooニュースやYoutubeのニュースなどWebでも必ず流れます。

そのため、ほんとにテレビをなくすことで雑念が取り去られた気分で最高です😃

どうしてもみたい番組がある時は・・・

どうしてもみたい番組がある!という方もいるでしょう。
そのような方は、TVer(ティーバー)を使ってみてはいかがでしょうか?
制限はありますが、無料で地上波放送が見れます!

TVerとは?

「TVer(ティーバー)」とは、民放5社(日テレ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)が共同で行っている、テレビ番組の最新話を、無料配信するサービスです。放送中のドラマやバラエティ番組など約170番組を、放送終了後から期限付きで、無料で見ることができます。

また、TVer(ティーバー)でなくてもどうしても見たい番組は有料でみる方法は何かしらあります。
テレビを買うよりも有料でみたい番組だけ見るのが、今の時代には合っているのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?
テレビを捨てることで、お金も時間も節約ができます。
また目には見えない効果ですが、集中力も保てるため在宅勤務になった方にもおすすめです。
ぜひ、雑念にとらわれない生活を始めてみましょう!

テレビを捨てることに興味を持った方は、下記の書籍も参考になるかも知れません。
ミニマリストはちょっと・・・と思われる方でも、何か生活を変えるきっかけになると思います。

Amazonでお得に買い物する方法
Amazonでお得に買い物をするなら、Amazonギフト券の購入チャージがおすすめです。
現金でチャージするたびに、『チャージ額 x 最大2.5%分のポイント』がもらえます。 Amazonプライム会員は、特にポイント付与率が大きいので、使わないと損です。 Amazonの購入がメインの人は絶対損しない、お得な制度です。是非活用しましょう。 しかも今なら初回限定で1000円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。 \初回チャージで1000ポイントが無料贈呈/ Amazonギフト券をチャージする コンビニ・ATM・ネットバンクが対象,100円単位で購入可能
コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファーストペンギンのブログをフォローする
高配当株式で利回り4%を目指す投資ブログ | ファースト・ペンギンのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました