2020年の日経平均株価予測をまとめてみました。

こんにちは!
本日2019年12月30日は大納会でしたね。
投資家の皆さま、今年1年おつかれさまでした。

日経平均株価は、23,656.62円と前日比-181.10 (0.76%)円で終わり、上昇で終わりました。

さて今回は気が早いですが、来年2020年の日経平均株価株価予測が気になり、まとめてみました。

スポンサーリンク

2万7000円超え/マネックス証券

まずマネックス証券のアナリストの予測では、2020年の日経平均株価は2万7000円を超えるまで伸びると予測されています。

2020年の株式相場 日経平均の予想値 2万7000円超え | ストラテジーレポート | マネクリ - 今日の投資に効くメディア | マネックス証券
月曜に配信した<今週のマーケット展望>で、「ドタ勘だが、週後半に米中合意に至り、13日金曜日のSQは大幅高、そんな感じがする」と述べたが、その通りの展開になった。日経平均は本日の後場寄りから2万4000円をつけてきた。取引時間中に2万4000円台を上回るのは2018....

ポイントとして、26兆円の事業規模となる財政支出が閣議決定された点を指摘しています。

・2013年1月(20兆円規模)
・2016年8月(28兆円規模)
・今回、2019年12月(26兆円規模)
と前2回の実施後に日経平均株価が上昇したことから今回も上がる蓋然性が高いことを説明されています。

21,200円~28,200円のレンジ/SBI証券

SBI証券は過去5年間の予想PER年間最高値・EPSを元に21,200円~28,200円のレンジになることを予測しています。

SBI証券 スマートフォンサイト|―口座開設ページ:ネット証券最大手の証券会社。オンライントレードでの投資をしっかりサポート―

■予想PERの推移
2015年 18.19倍
2016年 16.64倍
2017年  16.60倍
2018年 15.81倍
2019年 14.52倍
=====
平均16.35倍

■2019年12月23日時点EPS
1,647円→2020年に5%改善→1,729円

1,729円×16.35倍=28,269円

2万8000円上限 野村証券

野村証券の予測では“2020年前半を中心に機械や電機・精密といった景気循環に対する感応度の高い業種を中心に上昇継続を予想”しており、2万5000円を中央値に2万8000円もあり得ることを予測しています。

マーケットアウトルック - 日本市場 -|野村の投資情報|野村證券
野村證券のマーケットアウトルック - 日本市場 -のページ。野村證券ならではの投資情報を発信。野村のアナリストによる市況・為替分析・マーケット動向の解説動画、調査レポートを多数配信しております。株価や主要指数などのマーケット情報もご覧いただけます。

2万〜2万6000円/ダイヤモンドZAI

ダイヤモンドZAIの予測では、
・米国大統領選を前に米中の歩み寄りが進展
・オリンピック後に備えて大型の経済対策が閣議決定している
ことなどを理由にあまり悲観的ではありません。

https://diamond.jp/articles/-/224986

2万7000円/東洋経済

東洋経済に寄稿したケイ・アセット代表の方の記事では2万4000円をスタートラインにして、2万7000円もありえない数字ではないことを指摘しています。

「日経平均2万7000円」が絵空事ではない理由 | 市場観測
先週末のNYダウは222ドル高の2万8004ドル、ナスダックも61ポイント高の8540ポイントと反発して取引を終えた。S&P500とあわせ、アメリカの主要3指数がそろって史上最高値を再び更新し、ダウ2万8000ドル、ナスダック8…

年末で2万2000円前後/ニトリ会長

毎年来年の予測をしているニトリ会長の予測も調べてみました。

2020年の株価予測は、”(2020年)年末には2万2000円を中心に、2万1000~2万3000円の水準に留まる“と予測されています。

怖いほど当たる!ニトリ会長の経済予測2020 「景気が悪くなる兆候」を探る方法
「株価と為替を読みきる」の評判が伝説となり、その予測に経済界が耳をそばだてるニトリ会長・似鳥昭雄。12月某日。姿を現した似鳥氏は、柔和な表情を浮かべながら、2020年の「予想図」をゆっくりと語り始めた。待望のインタビューを本誌独占でお届けする!

現在の日経平均株価も日銀が7〜8%程度保有しており、それがなければもっと下げていることを指摘されています。

ただ、2020年も日銀の買い支えは続くことを予測しており、上記のように予測しています。

まとめ

いかがでしたか。今回は2020年の日経平均株価をまとめてみました。

日経新聞の記事では、“各社は日経平均株価の高値で2万5000~2万8000円を見込む”としています。

日経平均「前半に2万5000円」多く
2020年の日本株について、市場関係者の間では強気な見通しが目立つ。主要な証券会社の予想では、年前半にも2万5000円の大台を回復するとの内容が目立つ。世界景気の回復を追い風に、機械や電気機器など外

2020年は
・5Gの商用化など
・東京オリンピック
・米国大統領選挙
など話題の尽きない年になりそうですね。

以上です!

20191013 記事内広告



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ201906



スポンサーリンク