【2019年3月】ロボアドTEHOの運用実績は210,017円:+17円(0.01%)でプラスに。

2019年3月2日時点のロボアドバイザーTEHOの運用実績は、210,017円:+17(0.01%)でした。
前月実績は円建てで194,123円:-5,877円(-2.94%)でしたが、プラスに転換しました(毎月10,000円積み立て)。
ドル建てでは1,885.42ドル -18.57ドル (-0.98%)で1%程度のマイナスです。

■運用実績
運用期間:9ヶ月
積立金額:210,000円
現在資産(円立):210,017円:+17(0.01%)
現在資産(ドル立):1,885.42ドル:-18.57ドル (-0.98%)
※2019年3月1日為替レート: USD/JPY 111.39
スポンサーリンク

TEHOの運用方針

引き続き下記の株式中心の積極的にリスクをとる運用を行なっています。


・資産運用方針:値上がり益重視・THEOにおまかせで設定しています。
・毎月10,000円の積立を行なっています。

グロース:株式中心に運用 63 %
インカム:債券中心に運用 27 %
インフレヘッジ:実物資産中心に運用 10 %

TEHOの保有銘柄

次にTEHOで保有している銘柄をご紹介します。TEHOにおまかせ設定のため、自動でリバランスされて調整されます。

グロース:-2.03%131,039円(前月-5.52% 114,808円)


株式中心のグロース部門は、米国・日本株の先進国で引きつづき含み損が発生していますが、
FEZ ユーロ圏の大型株が大きくプラスに転換しました。
全体では-2.03%のマイナスですが、今後の株価の持ち直しに期待したいです。

インカム:5.26% 56,127円(前月3.63% 54,873円)


債券中心のインカム部門は、前月よりもさらに評価益が出ており堅調です。
LQD 米ドル建ての投資適格の社債が全て売却され、SPAB 米ドル建ての投資適格債、JNK米ドル建てのハイイールド社債が購入されました。

インフレヘッジ:0.20% 22,647円(前月-2.16% 23,739円)


引き続き米国のREITが牽引しており堅調です。物価連動国債もプラスに転換しました。
※その他現金などが204円

2019年3月運用報酬は192円税込(前月158円税込)

ロボアドバイザーTEHOの運用報酬は、運用資産額の1%です。
2019年3月の運用報酬は、192円(税込)となります。

売買についての手数料は一切不要のため、これ以上コストがかかることはありません。

まとめ

運用開始から9ヶ月となりますが、株価の回復と堅調な債権市場によりぎりぎりですが円建てでプラスになりました。
今後も毎月10,000円の投資を続けていき長期的な値上がり益を目指していきます。

配当利回りを狙った個別銘柄投資ではどうしても個人的な主観が入ってしまいますが、
ロボアドバイザー THEOで自動化しておけば、感情に左右されず全世界に分散投資ができます。

スポンサー
THEO(テオ) ロボアドバイザー

関連コンテンツ201906



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク