星野リゾート・リート投資法人投資証券:3287の銘柄分析−堅実な低LTVのホテル特化型J-REIT。分配金利回り4.71%。

星野リゾート・リート投資法人投資証券は、星野リゾートをスポンサーとするホテル特化型J-REIT銘柄で、毎年4月・10月が決算月となっています。2018年10月期の分配金権利落ち日が【2018年10月29日(月)】に迫っており、銘柄分析を行ってみました。

星野リゾート・リート投資法人は、中長期にわたり、観光産業の中核となり、安定的な利用が見込まれるホテル、旅館及び付帯施設に対する投資を行います。
スポンサーリンク
Adsense




星野リゾート・リート投資法人投資証券の概要・事業内容

星野リゾート・リート投資法人投資証券は、ホテルの開発・運営や再生事業で有名な星野リゾートをスポンサーとするホテル特化型J-REIT銘柄です。運用は、株式会社星野リゾートが100%出資する星野リゾート・リート投資法人が行なっています。
主な特徴として下記があります。

概要

直近の権利付最終売買日:【2018年10月26日(金)】
直近の権利落ち日:【2018年10月29日(月)】

現在株価: 544,000円(18/10/24 15:00)
年初来高値:587,000(18/01/25)
年初来安値:535,000(18/05/01)
決算月: 4月 / 10月

ホテルに特化

星野リゾート・リート投資法人投資証券では
・物件取得額 1,469億円
・物件数 56棟
を保有しておりますが、その全てがホテルまたはホテルに付随する施設です。

2016年の年間訪日外国人客数は前年比21.8%増の2,403万人で4年連続で過去最多を更新しています (出 所:日本政府観光局(JNTO))。日本政府も「観光立国」としての発展を目指しており、2030年に6,000万 人の目標を掲げて引き続き注力しています。
ホテルに特化しているから銘柄として恩恵をフルに受けることができるのではないかと思っています。

星野リゾートがスポンサー

上記の通り、星野リゾート・リート投資法人投資証券は星野リゾートと密接に関係しています。
そのため、その物件はもちろんですがノウハウを生かした運用や情報を仕入れることができ、有利に運用を推し進めることができるのではないでしょうか。

J-REIT屈指の低LTV

星野リゾート・リート投資法人投資証券は、堅実な財務戦略を採っており直近決算時のLTVは35.04%と全J-REITの中でも低水準となっています。一方で1株あたり価値の希釈化には注意しつつ公募増資を積極的に進めており、現状の1,400億円超から2,000億円程度までへの拡大を目指しており、株の流動性を高めようとしております。

星野リゾート・リート投資法人投資証券の分配金は?

分配金利回りは、4.71% 程度です。1口当たりの金額が高いため、各期末の分配金は12,000円程度となります。

2018年4月決算資料より

星野リゾート・リート投資法人投資証券の株価

直近1年間の株価は下記の通りとなっており、下落傾向です。
10月29日の権利落ち日には、前回の2018年5月1日の535,000円程度まで下がるのではないかなと思ってます。
535,000円以下で購入できれば、分配金利回りは5%近くになります。

まとめ

星野リゾート・リート投資法人投資証券の株は1口NISA口座で購入しておりますが、
取得額554,000円で-10,000(-1.81)の損失となっています。
今回の分配金で穴埋めができそうですが、はじめから権利落ち日で購入するか公募増資に応募するのが良かったなと思ってます。
もしREIT銘柄での投資をご検討でしたら、今後も政府の方針と親和性がある同銘柄はお勧めできるかなと思います。

以上です。

スポンサーリンク
Adsense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense