【2018年10月】JT(日本たばこ産業)の隠れ優待プルーム・テックが到着!使ってみた感想。

以前下記の記事でご紹介したJT(日本たばこ産業)の株主を対象とするプルーム・テックのスターターキットプレゼントですが、到着しました。

【2018年9月】JT(日本たばこ産業)プルームテックプレゼントのお知らせ・業績報告書vol61をいただきました。
2018年10月21日追記 到着しました! 届いたお知らせ内容 JT(日本たばこ産業)より株主を対象とするプルーム・テック...

当初発送は2018年10月下旬から11月上旬とのことでしたが、関東圏だからか思っていたよりも早い到着となりました。

ゆうパックの小包で配送されており、届いた内容物は以下の通りでした。
※千葉県柏市からの配送でした。

・プルーム・テックのパンフレット
・プルーム・テック・スターターキット本体
・プルーム・テック・スターターキットお届けのご案内

スポンサーリンク

プルーム・テック・スターターキットだけでは、使えないので注意

プルーム・テック・スターターキットの内容物は、
・プルーム・テック・バッテリー(持ち手の部分)
・USBチャージャー
・ACアダプター
だけとなっており、
・タバコカプセル
・カートリッジ
は別途購入しなければ使うことができないので、注意が必要です。

タバコカプセルを買って、実際に使った感想

東京ではコンビニでタバコカプセル・カートリッジが購入できるので、プルーム・テック・バッテリーと接続して使ってみました。
タバコカプセルはレギュラーを買ってみました。
※消耗品のタバコカプセル5つ、カートリッジ1つが入って490円税込です。
レジ付近の棚に置いてあり、そこで選んでレジに持っていきます。

タバコカプセル側から吸い込むようになっていて、吸い込むとバッテリー側の先端が、青く光ります。
ゆっくりと長く吸うことで、タバコの香りが楽しめるということです。

吸い込んで吐き出すと白い煙?蒸気?が紙巻きタバコと同様にでます。
普段紙巻きタバコや電子タバコを吸う習慣はないのですが、タバコ特有の嫌な臭いが少なく、
気分転換に香りを楽しむという別カテゴリの商品だなと感じました。

火をつけたりスタートボタンを押す必要なく、手元にあるとそのまま吸い込んで楽しむことができるので、
紙巻きタバコユーザーだけでなく、いままでタバコを吸ったことがないユーザーも狙える可能性を感じました。

ただ、タバコに慣れていないせいか、レギュラーだと喉にガツンとくる印象があり、
吸い続けていると喉にいがらっぽさを感じます。
次回はメンソール銘柄のアップルミントやベリーミントフレイバーの銘柄を試してみたいかなと思いました。

まとめ

私は普段タバコを吸う習慣はありません。
ただ、プルーム・テックは気軽に吸えるので気分転換にはいいなと思いました。

JTさんは、これを親和性の高い株主に送って継続的に使ってもらうことを狙っているのかなと思い、うまい販促だなと感じました。

この別カテゴリの商品であること、まず手にとって使ってもらう仕組みができると拡販につながるのかなと思います。

JT株は現在200株を保持しており、株価が下落傾向です。
紙巻きタバコの減少は依然として続いているので、プルーム・テックで新規ユーザーの取り込みがどれだけできるかが見守っていきたいと思います。

現在値 2,936円で、平均取得単価2,941.25円のため-1,050(-0.18%)の損失。

以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク