【配当金】2021年1月NGGナショナルグリッドより44.62ドル(4595.86円)の配当金。

ナショナルグリッド

こんにちは!1月もすでに半月が過ぎましたが早速ブログの更新が滞っている今日この頃です。

今回は、2021年初となる配当金が、NGG(ナショナルグリッド)より入りましたので、記事にしてみます。

スポンサーリンク

ナショナルグリッドより、44.62ドル(4595.86円)の配当金

2021年1月14日付で英国ナショナルグリッドより44.62ドルの配当金をいただきました。
ナショナル・グリッドは、イギリス・ロンドンに本拠を置いており、送電やガス供給事業を行っており、イングランド・ウェールズとアメリカ合衆国北東部で活動をしているインフラ企業です。

1ドル103円換算で4595.86円となります。

以下、詳細を見ていきます。

ナショナルグリッドの配当金推移

ナショナルグリッドの直近の配当金は下記の通りです。
年2回の配当となっており、決算月である7月の配当金が大きくなっています。

支払日配当
2021年1日1.57055米ドル
2020年8月2.0126米ドル
2020年1月1.0673米ドル
2019年8月2.0256米ドル
2019年1月1.0616米ドル
2018年8月2.0606米ドル
2018年1月1.0169米ドル

ナショナルグリッドの株価保有状況

私はナショナルグリッドの株を50株保持しております。
コロナの影響により大きく下落していると思いきや、
現在+473.50USD(+33,738円)の評価益となっておりました😃

私のナショナルグリッド株の保有状況

保有株数:50株
取得単価:50.00米ドル
現在株価:59.47米ドル(2021/1/15終値時点)
=============
評価損益:@9.47米ドル×50株=+473.50USD(+33,738円)の評価益

やはり、インフラを担う企業だからか底堅いですね。株価もそうですが配当もいいので、数少ない利益を出している銘柄です。

ナショナルグリッドの2021年1月配当金の詳細

2021年1月のナショナルグリッドの中間配当金の詳細は、以下の通りでした。

1株あたりの配当金:1.1285米ドル
税引き前配当金:1.1285米ドル×50株=56.425米ドル
税金などの控除:−11.805米ドル

================
税引き後配当金:44.62ドル/1ドル103円換算で約4595.86円

ADRでの保有のため、現地課税が発生せず二重課税にならないのはメリットです。
配当金にかかる税金は、ADR手数料(数%)と国内課税(20.315%)のみです。

ADR(American Depositary Receipt)とは
米国以外の国で設立された企業が発行した株式を裏づけとして米国で発行される有価証券となります。ADRそのものは厳密には株式とは言えませんが、裏づけとなる株式から生じる経済的権利の全てを含む有価証券であるために、株式を保有するのとほぼ同じ効果を得ることができます。
ADRで購入する意味として、現地の株式購入規制などで購入できない銘柄が買えるなどがあります。

楽天証券より引用
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/special/master_adr/master_adr_01.html

ナショナルグリッドの年間配当利回りは?

次にナショナルグリッドの年間配当利回りを見ていきます。

現在株価:59.47米ドル(2021/1/15終値時点)

2021年1日配当金:1.57055米ドル
2020年8月配当金:2.0126米ドル
=============
年間1株当たり:3.58315米ドル(税引き前)

年間の配当利回りは6%超え(税引き前)です!

ナショナルグリッドの株価推移は?

ナショナルグリッドの株価推移はインフラ関連ということもあり、そこまで変動は大きくないです。
キャピタルゲインを目指す銘柄ではないです。

ナショナルグリッドの直近の決算は?

なかなか個別銘柄の決算書を詳しく見るのは苦しいですが、
2019年-2020年の決算資料を見ると1株当たりの利益(EPS)が大きく目減りしております。
下記の右2つの表は、NGG独自の算出基準のためそれをみると微減なのですが、
左側の法定EPSの下落はひどいですね。

▼ナショナルグリッドの決算資料はこちら▼
https://investors.nationalgrid.com/news-and-reports/reports/2019-20/plc

安定してEPSを出していれば、保有しておいてもいいかと思いましたが、
・インフラ企業でブレグジット関連の影響を受けやすい
・EPSが大きく減少している
点が気になりますので、2021年8月の配当金をもらった後、売却をしようと考えています。

まとめ

ナショナルグリッドは利益を出せており、配当金も6%と高いのですが、配当金にこだわりがなければ特に投資しなくてもいい銘柄です。
また上記の通り、ブレグジット・EPS下落の懸念があるため、購入はお勧めしません

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました